2014年12月28日

2014年を振り返って

本来、当ブログは1週間毎に新しいエントリを追加する方針です。
しかし、今年10月以後、エントリの追加が鈍ってしまって申し訳ありません。

今年、当ブログの意見が世の中に浸透しつつあるのを実感しました。
9月3日、二階俊博が総務会長に就任してから、政府与党の方針が変わった気がします。
前任者の野田聖子は、しっかりした保守政治家なのを認めますが、その反面、あまりにも守旧政治家としてしっかりしていて、日本が持たないのです。
ですから、9月3日以後の組閣と党人事を深く評価しました。

shinoshi2013 at 20:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)ご挨拶 

2014年12月01日

衆議院解散総選挙の件

・「旧姓を戸籍名として載せる法案」早期実現を
http://botsubo.publog.jp/archives/41662137.html

・今、衆議院を解散してしまったら
http://botsubo.publog.jp/archives/41978146.html

当ブログの目的は「福井1奈良2岡山3」導入を!

1993年、小沢一郎は、岡山県の自民党(確か、○○750条改正を主張、全体で3箇所修正)と対立。その後、何のために衆議院を解散した?

その衆議院選挙、奈良県では新人の女性候補者(確か、○○○74条、○○○13条改正を主張、全体で2箇所修正)がトップ当選しましたが…何故、新生党etcが公認しなかった?

その国会が開かれる直前、小沢一郎は、福井日銀総裁(確か、○○750条改正を主張、全体で1箇所修正)に何を言われた?

1993年と同じ様に衆議院解散総選挙していては、失われた21年間の意味がありません。

<文章追加>
衆議院選挙後の人事・組閣により、野田聖子レジームから脱却が見られたため、今回の衆議院解散総選挙を否定しない方針を採ります。

<更新履歴>
2014/12/28 タイトル変更、及び、文章追加。


shinoshi2013 at 10:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)その他 

2014年11月19日

今、衆議院を解散してしまったら

安倍晋三が衆議院解散を計画している報道がありますが、常識的に考える場合、今の議席数で衆議院を解散する馬鹿はいない。

若し政権に行き詰まった場合、
・安倍首相退陣
・内閣総辞職
等の措置が適切。

今、安倍晋三が衆議院解散する場合、安倍晋三が「福井1奈良2岡山3」を嫌がっている様に見える。

そんな理由で衆議院解散していては、松宮勲・滝まこと・平沼赳夫・稲田朋美・高市早苗・あべ俊子・山谷えり子・上川陽子・小宮山洋子・亀井静香・小池百合子の他、それを待ち望む多くの日本人をどう思っているかな。

<更新履歴>
・2014/12/03 「選択的夫婦別姓(子の姓婚姻時)」を「福井1奈良2岡山3」へ変更。


2014年10月31日

「旧姓を戸籍名として載せる法案」早期実現を

今の世の中、当たり前の話ですが、旧姓を戸籍名として載せる法案(福井1奈良2岡山3)早期実現を
(戸籍法の大幅な改正より法制化の速度を重視した方が良い)

・「女性が輝く社会の実現」のための政策(上川陽子公式HP)
http://www.kamikawayoko.net/wp/wp-content/uploads/cadd6c1094ff474163fa8df13b18e744.pdf

・松島みどり法務大臣記者会見(2014年09月05日)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho08_00566.html

・高市早苗総務大臣記者会見(2014年09月16日)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000321.html

<ポイント>
・戸籍名
ここで言う戸籍名とは、世間一般で言う戸籍名。
(一部に置いて、婚姻前の姓を本名と言う慣習が存在)

・福井1奈良2岡山3
選択的夫婦別姓(子の姓婚姻時)を指す。
基本的に3種類、子の姓変更無しの法務省A案を「岡山の3」、戸籍法74条13条改正を「奈良の2」、旧姓続称制度を「福井の1」と呼ぶ。
※ 子の姓婚姻時のため、家名の存続を目的にしてはいけない。
※ ファミリ~ネ~ム案は参考意見。


<更新履歴>
・2014/11/19 ポイント「戸籍名」追加

・2014/12/03 ポイント「福井1奈良2岡山3」追加


2014年10月20日

小渕優子、松島みどり、就任2ヶ月目に早くも辞任

<安倍内閣>松島法相も閣僚辞任、小渕経産相に続き(毎日新聞)
>  小渕優子経済産業相(40)=衆院群馬5区=は20日午前、安倍晋三首相と首相官邸で会い、自身の関連政治団体による不明朗な会計問題の責任を取り、辞表を提出した。首相は受理し、経産相の臨時代理に高市早苗総務相を充てた。また、選挙区内で「うちわ」を配布していた松島みどり法相(58)=東京14区=も同日午後、首相に辞表を提出した。首相は受理し、法相の臨時代理に山谷えり子国家公安委員長を指名した。2012年12月に発足した第2次安倍政権で閣僚が辞任するのは初めてで、閣僚2人が同時に辞任するのは極めて異例。首相は女性活躍推進の象徴として内閣改造で女性閣僚5人を起用しただけに、政権に大きな打撃となるのは必至だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000032-mai-pol

この際、後任者は慎重に選ぶべき。

女性2閣僚辞任 後任法相は上川陽子元少子化担当相 経産相は宮沢洋一政調会長代理
>  安倍晋三首相は20日夜、公選法違反の疑いを指摘され、引責辞任した松島みどり法相(58)=衆院東京14区=の後任に上川陽子元少子化担当相(61)を充てる人事を決めた。また、不明朗な政治資金問題で引責辞任した小渕優子経済産業相(40)=同群馬5区=の後任に、自民党の宮沢洋一政調会長代理(64)を起用することを決めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141020-00000611-san-pol

経済産業大臣:小渕優子(額賀派)の後任が宮沢洋一(岸田派)、法務大臣:松島みどり(町村派)の後任が上川陽子(岸田派)に決定。これにより、町村派5→4、麻生派2、岸田派2→4、額賀派2→1、大島派2、二階派1、石原派0、谷垣派0、公明党1、無派閥4となり、岸田派がタイに躍り出た。


参考:「野田聖子レジーム」から脱却を
http://botsubo.publog.jp/archives/37980233.html

shinoshi2013 at 17:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自民党etc 

2014年09月30日

在日韓国人特権を認めているのは日本人だ

橋下徹の発言、最もだ。

「文句あるなら国会議員に言え!」 橋下市長が在特会を批判(産経新聞)
>  街宣活動で民族差別などをあおるヘイトスピーチ(憎悪表現)問題をめぐり、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)と面談する意向の橋下徹大阪市長は25日、「特権を許さないというなら、特権を許す制度を作った国会議員に文句を言ったらいい。公権力と戦わず、一般市民に言うのは卑怯(ひきょう)」と批判した。
>   橋下市長は7月にヘイトスピーチの抑止策検討を表明した際、在特会を批判。その後、在特会側から面談の申し入れがあり、応じる方向で日程調整を行っている。
>   橋下市長は在特会が在日韓国人らを対象にした特別永住者制度を問題視していることに言及し、「在日韓国人には参政権がなく、在日韓国人に暴言をはいても意味がない」と指摘。面談を公開する意向を改めて表明し、「(在特会側に)講義してあげますよ」と余裕をみせた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140925-00000580-san-pol

在日韓国人特権を認めているのは国会議員だ。国会議員を選出するのは日本人だ。即ち、在日韓国人特権を認めているのは日本人だ。在日韓国人には国政選挙の選挙権・被選挙権がない。

2014年09月11日

安倍政権の真ん中は野田聖子じゃないかな

上から3人(安倍晋三首相・麻生太郎副総理・高村正彦副総裁)は発足時から変わらず。いわゆる「三大福」体制。正直、これは割と珍しい形。

どう手を付ければ良いか困惑した同士が多かったはず。しかし、今回2人以上入閣している派閥のうち、数合わせと思われる額賀派を外したら、実は「安倍・麻生・高村・古賀」体制。政権の真ん中を(今回温存した)野田聖子と見れば納得する形。

安倍政権自体の寿命は残り少ない予感。大腸炎悪化説も流れている。何故、2/3持っているのに憲法改正ではなく解釈改憲なのか、って考えるとね。しかし、いくら残り寿命が短いと言っても、2/3持っているので衆議院解散はない。

shinoshi2013 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自民党etc 

2014年09月04日

異常事態発生 2014年9月3日改造、2派閥より入閣者0人!

<閣僚名簿(2014年9月3日改造)>

【町村派】
●総理:安倍晋三
●文部科学:下村博文
○法務:松島みどり
○厚生労働:塩崎恭久
○国家公安、拉致問題:山谷えり子

【麻生派】
●副総理、財務、金融:麻生太郎
○沖縄・北方、科学技術:山口俊一

【岸田派】
●外務:岸田文雄
○環境:望月義夫

【額賀派】
○経済産業:小渕優子
○復興:竹下亘

【大島派】
○防衛、安全保障法制:江渡聡徳
○女性活躍:有村治子

【二階派】
○農林水産:西川公也

【石原派】
なし

【谷垣派】
なし

【公明党】
●国土交通:太田昭宏

【無派閥】
●官房:菅義偉
●経済再生:甘利明
○総務:高市早苗
○地方創生、国家戦略特区:石破茂


<本文>
石原派・谷垣派より入閣者0人の異常事態発生!

1派閥より入閣者0人だったらあるかもしれないが、今回、2派閥より入閣者0人。

安倍晋三が2派閥を冷遇した可能性も全くないわけではないが、麻生派・岸田派・額賀派・大島派より2人ずつ全体のバランスを取っている点から、その可能性は低く、むしろ、2派閥の方から入閣を拒否した可能性の方が高い。

二階派の1人の件も、ある程度憶測できるが、諸々の理由により(今の所)割愛する。

shinoshi2013 at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自民党etc 

2014年08月27日

森喜朗化している安倍晋三

死者7人に 不明なお13人 記録的豪雨、深夜から未明に土砂襲う(MSN産経ニュース)
>  19日夜から20日未明にかけ広島市の安佐南区、安佐北区に局地的な豪雨が降り土砂崩れが相次いで発生、多数の住宅がのみ込まれるなどし警察庁によると、7人が死亡、生き埋めになるなどした13人が行方不明となっている。広島県は陸上自衛隊に災害派遣を要請。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。
>
>  広島市災害対策本部によると、生き埋めや川に流されたなどの119番が少なくとも二十数件あった。
>
>  午前3時20分ごろ、安佐南区山本で「子ども2人が生き埋めになった」との通報があった。2人は11歳と2歳の男児で、2歳児は約2時間後に救出されたが死亡した。同区緑井で行方不明となった女性(77)と、同区八木で生き埋めとなった男性の死亡も確認した。
>
>  広島地方気象台によると安佐北区付近では20日午前3時半ごろ、1時間に100ミリを超える「記録的短時間大雨情報」が出され、24時間の降雨量は243ミリと観測史上最大を記録した。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140820/dst14082009220009-n1.htm

相動静(8月20日)(時事通信)
>  午前7時22分、山梨県鳴沢村の別荘発。同26分、同県富士河口湖町のゴルフ場「富士桜カントリー倶楽部」着。森喜朗元首相、茂木敏充経済産業相、岸信夫外務副大臣、加藤勝信官房副長官、萩生田光一自民党総裁特別補佐、山本有二同党衆院議員、日枝久フジテレビ会長、笹川陽平日本財団会長とゴルフ。
>  午前9時19分、同所発。同22分、別荘着。
>  午前9時41分、別荘発。
>  午前10時59分、官邸着。
>  午前11時から同22分まで、危機管理センターで古屋圭司防災担当相、西村泰彦内閣危機管理監。菅義偉官房長官同席。同23分から同24分まで、報道各社のインタビュー。「広島市の土砂災害で政府の対応は」に「政府一体となって、救命救助の対応に当たるように指示を出しました」
>  午後0時44分から同1時22分まで、北村滋内閣情報官。
>  午後2時、官邸発。同1分、公邸着。
>  午後5時19分、西村内閣危機管理監が入った。
>  午後5時44分、西村氏が出た。
>  午後5時54分、公邸発。
>  午後7時42分、別荘着。
>  21日午前0時現在、別荘。来客なし。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000027-jij-pol

首相動静(8月21日)(時事通信)
>  午前8時現在、山梨県鳴沢村の別荘。朝の来客なし。
>  午前10時34分、北村滋内閣情報官が入った。
>  午前11時13分、葛西敬之JR東海名誉会長が加わった。
>  午後0時57分、葛西氏が出た。同1時、北村氏が出た。
>  午後1時40分、別荘発。
>  午後3時4分、公邸着。
>  午後3時15分、公邸発。同17分、官邸着。
>  午後3時25分から同4時2分まで、古屋圭司防災担当相。菅義偉官房長官同席。
>  午後4時3分から同18分まで、関係省庁災害対策会議。
>  午後5時6分、官邸発。
>  午後5時32分、東京・富ケ谷の私邸着。
>  22日午前0時現在、私邸。来客なし。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140821-00000029-jij-pol

「えひめ丸」事件の森喜朗を思い出した。

与党には「安倍晋三を切る力」が求められる。

shinoshi2013 at 07:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自民党etc 

2014年08月14日

アベノミクス自身がスタグフレーション政策でした

<GDP>個人消費低迷浮き彫り 97年上回る冷え込み(毎日新聞)
>  今年4月の増税後、政府や市場では駆け込み需要の反動減について「想定の範囲内」との見方が多かった。しかし、実際には1997年の増税時を大幅に上回る景気冷え込みを見せた。サラリーマンや公務員が受け取った給料や報酬の総額を示す雇用者報酬は、今春の賃上げもあって4~6月期は前年同期比1.3%増となったが、物価上昇分を除くと2.2%のマイナス。増税に加え、ガソリン、食品などの値上がりで実質所得は目減りしており、想定以上に消費を押し下げた可能性がある。
>   今春以降、輸出は伸び悩み、6月の鉱工業生産指数(確報)も前月比3.4%の低下。「想定外」(内閣府幹部)の大幅マイナスで、主力の自動車業界で「増税後の反動減の影響が長引く」との懸念が出るなど、政府の景気回復シナリオに狂いが生じつつある。企業が大幅増を予定する今年度の設備投資計画に悪影響が出かねず、市場では「7~9月期でいったんプラス成長になっても、秋以降には失速する」との見方もある。
>   安倍政権はデフレからの脱却を最優先課題に掲げており、景気腰折れを招きかねない再増税に慎重な意見も根強い。一方で、日本の財政赤字は主要先進国で最悪水準にあり、財政健全化の取り組みからは逃げられない。増税の是非を判断する年末までの数カ月間は、日本経済の将来にとって重要な意味を持つことになる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140813-00000020-mai-bus_all

アベノミクス自身がスタグフレーション政策でした。