2013年05月

2013年05月28日

何故、野党は小選挙区制に拘る?

夏の参院選までの約束は?衆院の定数削減めど立たず(テレビ朝日)
>  国会は会期末まで1カ月を切り、参議院選挙は7月21日の方向で固まりました。しかし、参議院選挙までに定数削減をするとして、去年、自民党、公明党、民主党で合意していたはずの定数削減を含む衆議院の選挙制度改革は全くめどが立っていません。約束はどうなってしまうのでしょうか。
>
>  (政治部・藤川みな代記者報告)
>  選挙制度の改革を巡っては、1票の格差を是正する0増5減の区割り法案さえまだ成立しておらず、与野党の溝は埋まっていません。
>  民主党・高木国対委員長:「与党の責任において、早く議論して結論を出すべきだ」
>  民主党は先月、80削減する法案を国会に提出していて、与党側にも法案を出すよう求めています。しかし、与野党の協議会では、与党が30削減、日本維新の会は144削減を主張するなど開きがあるほか、社民党や共産党はそもそも定数削減に反対で、まとまる気配はありません。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20130528-00000011-ann-pol

80・144と言った大幅な定数削減意見、特に「民主党」「日本維新の会」と言った多様な価値観を認め合う開かれた社会を目指す政党の意見に限って、比例代表を削減する意見が大半を占める点に関しては、正直「何のため?」と疑ってしまいます。

当たり前の話ですが、多様な価値観を認め合う開かれた社会を目指すには、第1党に議席が偏る小選挙区制より、第2党以下の様々な価値観を重視する中選挙区制・大選挙区制・比例代表制の方が好ましく感じます。

shinoshi2013 at 23:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)民進党etc 

2013年05月23日

株暴落とスタグフレーション

東京株暴落、1143円安=13年ぶりの下げ幅―長期金利は乱高下、円急伸(時事通信)
>  23日の東京株式市場は、金融市場の混乱を不安視した売りが広がり、日経平均株価が前日比1143円28銭安の1万4483円98銭と暴落した。5営業日ぶりの下落で、ITバブルが崩壊した2000年4月17日(1426円04銭)以来13年ぶりの下げ幅となった。一方、長期金利は株の暴落などを受けて乱高下。指標となる10年物国債の流通利回りは1%ちょうどまで上昇(債券価格は下落)した後、一時、前日に比べ0.060%低い0.825%に下がった。
>   円相場は、午前中に1ドル=103円台半ばを付けた。その後、海外への株安連鎖に対する不安感から、ドルを売って相対的に安全とされる円を買う動きが強まり、1週間ぶりに101円台へ急伸。午後5時現在は101円92~94銭と前日比87銭の大幅円高・ドル安だった。
>   日経平均は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」への期待感から急速な値上がりが続いていたものの、楽観的な見方に警鐘を鳴らした形だ。長期金利上昇による企業の投資負担の増加や、円安の一服に伴う業績改善の鈍化が懸念される上、中国経済の先行き不透明感も出始めている。市場関係者からは「株価はしばらく調整局面を余儀なくされそうだ」(大手証券)との声が上がった。
>   株式市場では、投資家の間で弱気心理が広がった。日経平均の下落率は史上10位の7.32%。東証1部の約99%に当たる1691銘柄が値下がりする全面安で、不動産や銀行株など業績が金利動向の影響を受けやすい銘柄の大幅な下落が目立った。
>   債券市場では、黒田東彦日銀総裁の22日の記者会見での発言について、金利の一定の上昇を容認するとの見方が広がった。しかし、株式市場の動向に加え、日銀が金利の急変動を抑えるために約1兆2000億円に上る大量の資金供給を行ったことで流れが一転。株より安全とみられる国債への資金移動が広がり、長期金利の低下に拍車がかかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000099-jij-biz

実態経済が回復しない株高、ついに暴落してしまいました。
もちろん、株価だけのバブルのため、暴落してしまっても実態経済に悪影響ありませんが、円安なぶん、スタグフレーションが進行しています。

2013年05月18日

みどりの風はどこまで大きくなるか

阿部衆院議員、みどりに合流(時事通信)
>  政治団体「日本未来の党」の代表を務める無所属の阿部知子衆院議員は17日午前、みどりの風に合流すると発表した。同日午後、阿部氏とみどりの谷岡郁子代表がそろって記者会見する。
>  合流は阿部氏側が打診していた。これにより、みどりの風の所属議員は衆院2人、参院4人の計6人となる。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00000063-jij-pol

「日本未来の党」、唯一の国会議員である阿部知子は、「みどりの風」に移ります。
この政党は、TPP反対の保守政党と考えて良く、shinoshi自身、支持する政党の1つです。

この政党は、何となく『小沢一郎を排除した「日本未来の党」』を念頭にしていた様に見えましたが、今回、阿部知子が合流することによって、まさに『小沢一郎を排除した「日本未来の党」』になりますね。

なお、この政党は、2008年に結成された「改革クラブ」と同じく、
・衆議院新党
・参議院新党
・党議拘束無し
の3条件全て揃っているため、全ての政党を吸収合併することが可能です。


shinoshi2013 at 13:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)民進党etc 

TPPを巡って、支持団体と安倍晋三の間に意見の対立が生じる

参院選・佐賀選挙区 出馬予定の自民・山下氏、「TPP反対」明言(毎日新聞)
>  環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡り、県農政協議会が参院選で出馬予定の自民新人、山下雄平氏(33)=佐賀選挙区=への推薦をいったん撤回し、改めて推薦した問題で、山下氏は15日、農政協に「TPP反対」を明言する文書を提出した。農政協の野口好啓副会長は「私たちの代表として頑張ってもらえる」と推薦状を手渡した。

>  農政協によると、再推薦を決めた今月10日の会議で「山下氏自身の言葉で、農政への思いを聞きたい」と声が上がったため、推薦状交付の条件として山下氏に文書を求めた。
>   山下氏によると、文書はA4用紙で1枚。TPPについて「農業者をはじめ、多くの人の理解がないことを考えると、私のTPP反対の立場は変わらない」と明言した。
>   交渉参加を進める政府・自民党の姿勢について、山下氏は報道陣に「現段階では佐賀の農家は理解できていないし、私としては(TPPに)賛同はできないということを訴えていきたい」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130516-00000175-mailo-l41

一瞬、自民党の立候補予定者に「TPP賛成」の誓約書を提出させた様に見間違えましたが、支持団体が自民党の立候補予定者に「TPP反対」の誓約書を提出させたのですね。

今後、どんどん支持団体と与党の間、と言うより、支持団体と安倍晋三の間、与党と安倍晋三の間に、TPPを巡って意見の対立が生じると思うよ。

shinoshi2013 at 11:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自民党etc | TPP

5月の内閣支持率、前月より低下

内閣支持、初の低下60%=自民微減、民主は最低更新(時事通信)
>  時事通信が10~13日に行った5月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は前月比1.9ポイント減の60.2%となり、昨年12月の政権発足後、わずかながら初めて低下した。不支持率は1.0ポイント増の17.6%だった。自民党支持率も第2次安倍政権下で初めて下がった。
>   調査は全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は65.9%。
>   内閣を支持する理由(複数回答)は、「リーダーシップがある」が19.2%で最多。以下、「首相を信頼する」17.3%、「他に適当な人がいない」16.8%、「政策が良い」15.9%と続いた。支持しない理由(同)は、「期待が持てない」5.8%、「政策が駄目」5.8%、「首相を信頼できない」4.9%が上位を占めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00000077-jij-pol

そろそろ、安倍内閣のよくない噂が世の中に広まりつつありますね。

前回の総選挙では、(shinoshiは)民主党と日本維新の会に投票しましたが、自民党に投票した連中は後悔していますよね。


shinoshi2013 at 11:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自民党etc 

2013年05月15日

橋下徹、日本人慰安婦を容認する大馬鹿者

橋下代表、沖縄米軍に「風俗活用を」(日刊スポーツ)
>日本維新の会の橋下共同代表は13日、沖縄県の米軍普天間飛行場を視察した際、米軍幹部に対し、海兵隊員に風俗業者を活用させるよう求めたことを記者団に明らかにした。「そうしないと海兵隊の猛者の性的エネルギーを解消できない」と述べた。
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20130513-1126662.html

橋下徹の(米兵相手に)日本人慰安婦を容認する意見、この様な国賊的発言は、初めて聞きました。

(他国軍相手に)自国民を従軍慰安婦として考えるこの発言は、河野洋平の談話と比較しても比較にならないほど、国賊的発言と思います。

2013年05月10日

安倍晋三首相を降ろして石原伸晃首相って手を考えましょう。

安倍内閣打倒は当然だが、自民党・公明党全体を敵に廻していては、とてもじゃないが勝てません。

石原伸晃はTPP反対です。
https://twitter.com/harada_akira/status/308397021612617729

安倍晋三首相を降ろして石原伸晃首相って手を考えましょう。

デフレ脱却・雇用拡大・経済成長を重視し、中小企業や地方の産業支援に力を入れ、雇用創出を目指す「ケインズ派」、2010年2月22日、竹島の日の式典に党代表として出席し、2012年9月23日、尖閣諸島国有化に抗議する中国での反日デモに関し「中国は一領土問題であれだけ組織的に日本の企業を襲撃し、留学生に襲いかかり、大使の車の旗を奪い、G8と違うことを自ら示した」と批判しました。
また、意外と忘れがちな点として、維新の一部と連立政権を組む時は、橋下系ではなく太陽系と連立政権を組む形になる点もメリットです。

石原伸晃の他、少し高齢ですが、鴻池祥肇、二階俊博が考えられます。
二階俊博は本人こそ親中って説ありますが、旧亀井派+民社Gベースの政界再編に持って行きやすい、ある意味、ベストの人材です。

shinoshi2013 at 21:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自民党etc 

2013年05月07日

安倍晋三らによって、一部の国(日本国)、民族(日本民族)を亡ぼそうという計画があることは、極めて残念だ。

安倍首相、排外的デモを非難=フェイスブックで呼び掛けへ(時事通信)
>  7日の参院予算委員会で民主党の鈴木寛氏が、在日韓国・朝鮮人を対象とした排斥的なデモが国内で横行しているとして、安倍晋三首相に見解をただした。首相は「一部の国、民族を排除しようという言動があることは、極めて残念だ」と非難した。
>   デモは「コリアンタウン」として知られるJR新大久保駅周辺などで今年2月ごろから行われている。首相は「他国や他国の人々を誹謗(ひぼう)中傷することで、われわれが優れているという認識を持つことは間違っているし、結果として自分たちを辱めていることにもなる」と強調した。
>   鈴木氏は「首相のフェイスブックにもそうした(排外的な)書き込みが増えている」と指摘し、行き過ぎた言動は慎むよう呼び掛けることを提案。首相は「私のフェイスブックでそういうエスカレーションを止めるべきだとコメントしたい」と応じた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130507-00000107-jij-pol

TPPによって、日本国、日本民族が亡ぶ。
安倍晋三らによって、一部の国(日本国)、民族(日本民族)を亡ぼそうという計画があることは、極めて残念だ。

《極度の排外的デモに問題あるのは同意》

shinoshi2013 at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自民党etc | TPP

2013年05月02日

靖国参拝の意味

TPPに突き進む安倍晋三。

靖国参拝に関しては、予想通り、終戦記念日も参拝を控える気がしますが、ひょっとして、参拝するかもしれません。
しかし、本人の隷米性を見る限り、仮に参拝したとして、英霊はどの様に思うかな?

yaegaki himeさんのブログより転載します。
> ホワイトハウスが、日本のTPP交渉参加を歓迎し、B2爆撃機を飛ばして北朝鮮を牽制し、中国には尖閣から退いていろと言い、韓国に日本との協力を促しているときに、日本の指導者が靖国に参拝するというのは、一言で言って-アホだ。
> オバマ大統領は、安倍に、靖国参拝はこれ以上見たくないと言ってやるべきだ。」
>
> 一般のアメリカ国民が靖国の意味を知ったら、日米同盟がぶっ飛ぶんだそうです。
> そんな日米同盟って、日米関係って、いったい何なのでしょうか?
>
> 安倍首相は、「価値観を共有する国々との連携は安全保障にもなる」とTPP交渉参加を正当化しました。
> ですが、靖国に関して、日本は、中国だけでなくアメリカとも価値観を共有していません。
> むしろ、米中が「第二次大戦の戦勝国」という価値観を共有しているのです。
>
> だから、TPPやイラク戦争みたいに、何でも日米関係を理由にして、アメリカに従っていると、いずれ、「ご英霊に対して、尊崇の念を表する」ことも「わたしたちの誇りを守っていく」ことすらも、できなくなるのです。
> TPP賛成は、突き詰めると、靖国否定につながっているのです。
http://politiceconomy.blog28.fc2.com/blog-entry-2247.html

まず、北朝鮮・中国への牽制を独自に行わず、米国に頼っている時点で、独立国家として情けない点は省きます。

yaegaki himeさんのブログ通り、第二次世界大戦時の敵対国である米国が靖国参拝を嫌がるのは当然の様な気がします。
参拝しても日米安全保障条約がぶっ飛ばないのは、参拝の気持ち不足の様な気がします。

もう1つ、靖国に散った戦死者の気持ちを考えましょう。
「例え、第二次世界大戦に敗れても、最善の負け方を目指す。」を念頭に闘ったはず。
要するに、敗戦後、TPPの様な不平等条約を押し付けられない様に闘う、これが大半の軍人の真意と思います。

本当の意味を持たない靖国参拝は英霊への冒涜と思います。