2017年12月

2017年12月21日

憲法第九条第2項を削除しよう

<自民>遅れる改憲論議 自衛隊明記、集約越年(毎日新聞)
>  自民党は憲法改正の焦点になっている自衛隊の存在明記について、年内の意見集約を見送った。20日の党憲法改正推進本部で論点整理を了承し、何とか体裁を繕ったが、党内論議は遅れている。安倍晋三首相が掲げる「2020年の改正憲法施行」に向け、視界良好とはいえないようだ。【小田中大、高橋恵子】
>  自民党の12年憲法改正草案は現行の9条第2項(戦力不保持)を削除し、第1項(戦争放棄)が「自衛権の発動を妨げるものではない」と新たに規定した。それによって「国防軍の保持」(草案9条の2)を可能にするのが改正の柱だ。
>  当時の議論を主導した石破茂元幹事長は20日、党憲法改正推進本部の全体会合で「安全保障環境がものすごく変わったから9条を改正するというのなら、今までとほとんど(自衛隊の)中身は変わらないというのは論理が一貫しない」と主張。第1項と第2項を維持したまま自衛隊を明記する首相の考え方を重ねて批判した。これに対し、山本一太元沖縄・北方担当相は「2項を削除した方が分かりやすいに決まっているが、やはり(国会を)通さないといけない」と反論。両案を巡って賛否が飛び交った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171221-00000000-mai-pol

石破茂の言う通り、2項を削除する方が分かりやすいと思う。

何せ、2項には陸海空の戦力は放棄すると書いてあるし。

shinoshi2013 at 07:43|PermalinkComments(0)自民党etc | 外交・国防etc