2013年08月13日

断絶の時代(TPP慎重勢力が生き残るには)

TPP慎重勢力に贈る辛めの提言6箇条

1.これからは「断絶の時代」。圧力団体の意見を伺うのは構わないが利権化してはいけない。

2.農業が生き残るには、TPP・FTA反対に加え、株式会社化・集約化が必要。北海道以外の第二種兼業農家は集約化する必要がある。

3.産業が生き残るには、高速道路を始めとするインフラ整備自体は悪くないが意味不明に利権誘致してはいけない。

4.産業構造が変化した今、農業&土建だけばら撒いても効果が薄い。それ以外の産業、特にソフトウェア業・ハードウェア業にばら撒く必要がある。

5.若い人全体で高齢者全体の面倒を見る世代間扶養の考え方は残すが、家族に関する考え方を核家族・共働き世帯に改め、基礎年金の財源は完全消費税化する必要がある。

6.公共事業の考え方を土建から福祉に切り替える。保育所・老人ホーム等の福祉施設の増設は雇用数も増加する。

shinoshi2013 at 17:34│Comments(0)TrackBack(1)内政・経済etc 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「野田聖子レジーム」から脱却を  [ 亡国晋三を切る(shinoshiホームページ) ]   2014年03月30日 22:00
安倍晋三は女性の就業率や管理職割合に数値目標を付け、女性の社会進出を促進している様に見える。が、これらをサポートする体制、要するに、0歳児保育や社会福祉を軽視している。 ...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字