公明党、特定秘密保護に対し慎重姿勢消費税増税の件

2013年09月20日

小沢一郎化している安倍晋三

安倍首相、集団的自衛権の行使に向けて憲法解釈を見直す方向(ウォール・ストリート・ジャーナル)
>  安倍氏は最近、内閣法制局長官に外務省出身の小×一郎氏を起用した。内閣法制局は従来、集団的自衛権の行使については憲法で認められていないとの見解を示してきた。一方、小×氏は安倍氏の支持者と見られている。同氏はWSJに対し、法制局がこの問題の議論に「積極的に参加する」と明かし、また「法的安定性とか、法的な整合性とかというのは非常に重要なことだ」との見解を示した。ただ、最終的な決断は安倍首相と内閣が行うことだと指摘した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130918-00000363-wsj-bus_all

安倍晋三は小沢一郎の後継者でしょうか、解釈改憲を目指す考え方です。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
公明党、特定秘密保護に対し慎重姿勢消費税増税の件