みんなの党鳩山記念日

2014年02月03日

介護保険に関して

介護保険は(介護が必要な度合いに応じ)サービスを受けられる上限が定められています。
しかし、サービスを受ける際、その10%に相当する利用者負担が必要なため、上限まで給付を受けるだけの金銭的余裕がない話をよく聞きます。

自民、しぶしぶ?了承 医療・介護法案 首相補佐官が批判(東京新聞)
>  二十九日の自民党合同会議では、元厚労副大臣の衛藤晟一首相補佐官が、医療事故を調査する第三者機関(事故調)の設置に関する条項について「制度として不十分」と批判。介護保険の利用者負担を一定以上の所得がある人は現行一割を二割に引き上げる見直しについても「最終的に全員が二割になるのでは」と疑問を示し、「議員個人として」と断った上で法案に反対を表明。三十日の会議では、丹羽雄哉元厚相が「何でもかんでも詰め込んだ法案。党内審査を通っても、国会審議で通用するかどうか」と批判。事故調の条項の切り離しを主張した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014013102000118.html

安倍晋三は本能的に社会保障全般を敵視する欠点を持ちます。
まともな保守系政治家は安倍晋三を見切りましょう。(※)

※「脱自民党」ではなく「脱安倍晋三」と言う意味です。

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
みんなの党鳩山記念日