電線類地中化石原新党の名称が「次世代の党」に決定

2014年06月23日

鳩山邦夫は自民党の非安倍勢力の方が良いのでは?

鳩山氏「首相支える」政策グループ100人超(msn産経ニュース)
>  自民党の鳩山邦夫元総務相は19日夜、東京・音羽の「鳩山会館」で、自身が会長を務める派閥横断の政策グループ「きさらぎ会」の会合を開き、「どんなことがあっても安倍晋三首相を支えていく」と強調した。会の所属議員が108人に上ったことも明らかにした。
>
>  鳩山氏は「派閥に入ると上納金を出せという話になるが、一円の負担もかけない。これからも仲間を誘っていただければありがたい」と述べた。
>
>  きさらぎ会は平成23年に結成。「豊富な資金力を背景に党内で地歩を築こうとしている」(党幹部)との指摘もある。会合には田村憲久厚生労働相ら約60人が参加。庭に咲くバラを観賞した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140619/stt14061922160009-n1.htm


鳩山邦夫氏の「きさらぎ会」、100人突破の勢い!?(msn産経ニュース)
>  自民党の鳩山邦夫元総務相が主宰する派閥横断型の政策グループ「きさらぎ会」の所属議員が、同党最大派閥の町村派(93人)を上回り、106人に達したことが17日、分かった。
>
>  同会は、鳩山氏と河井克行前衆院外務委員長らが平成23年6月に結成。当初は5人程度だったが、祖父が元首相、父が元外相という鳩山氏の毛並みの良さに加え、豊かな資金力で急速に拡大した。
>
>  かつて鉄の結束を誇った旧田中派の流れをくむ額賀派の佐田玄一郎元行革担当相や田村憲久厚生労働相らも役員に名を連ねている。19日夜には自身が育った東京・音羽の「鳩山会館」で開く「薔(ば)薇(ら)を観(み)る会」で結束を確認する。
>
>  鳩山氏は「安倍晋三内閣を徹頭徹尾支える」と周囲に公言しているが、党内では「新派閥結成に向けた動きではないか」との声もあがっている。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140618/stt14061800430002-n1.htm

(鳩山邦夫は)安倍晋三を支えていくよりも、
むしろ自民党の非安倍勢力になる方が良い。

「元総務大臣・元法務大臣 鳩山邦夫 公式ホームページ」より転載。
鳩山邦夫 6つの基本政策
>  8月3日、鳩山邦夫は次の政策を発表しました。
>
> 正義が軽くみられ、格差拡大で弱い者が泣き、
> 都会ばかりが発展して地方が疲弊していく。
> ーこんな世の中に誰がしたのでしょうか?
> 与野党の不毛の対立は、
> 耳ざわりのいい公約を乱発させています。
> 政権の奪い合いからは、潤いのある共生社会は生まれてきません。
> 今、一番必要なことは、構造改革でもバラまきでもなく、
> 社会を根本から変えることだと思います。
> 正義が実現され、
> 弱者がやさしく見守られ、
> 未来世代のために環境革命が進行し、
> 地方に文化の華が開く。
> ーそんな共生社会を作るため、
> 私は嵐の中に船出します。
>
> 1.正義の実現
> ● 日本郵政の不正をただす
> ● 死刑制度の厳格な執行
>
> 2.環境革命
> ● 環境ホルモン対策に着手
> ● 雑木林・生態系を守り砂漠化をストップ
> ● オゾンホール対策に本腰
>
> 3.農業
> ● 食料自給率を100%に
> ● 日本の農業文化を守り育てる
>
> 4.地方分権・道州制へ
> ● 税収を国6:地方4から5:5に
> ● 国の出先機関の廃止
> ● 国・地方協議機関の設置
>
> 5.社会保障制度再構築
> ● 思いやりのある年金制度へ
> ● 障害者・子育て・介護に責任をもつ
>
> 6.公務員制度改革
> ● 霞が関官僚支配の退治
> ● 天下り・渡りの即時禁止

http://www.hatoyamakunio.org/002/2009/08/6-a036.html

これ見る限り(鳩山邦夫の政策は)
安倍晋三の政策と全く合わないと思いますし。



トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
電線類地中化石原新党の名称が「次世代の党」に決定