2017年01月26日

自分の国は自分で守る覚悟を

日米首脳会談ワシントンで2月10日…最終調整(読売新聞)
>【ワシントン=黒見周平、大木聖馬】日米両政府は25日、安倍首相とトランプ大統領による初の首脳会談を2月10日にワシントンで開く方向で最終調整に入った。
>これに先立ち、2月初めには稲田防衛相とマティス国防長官の初会談を東京で行い、日本側は一連の会談を通じて米新政権と日米同盟の重要性を確認したい考えだ。首脳会談では、トランプ氏の環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱表明を踏まえ、通商政策が主要な議題になる見通しだ。
>首脳会談の日程は近く、日米両首脳が電話会談を行い、正式決定する予定だ。首相は昨年11月、大統領就任前のトランプ氏とニューヨークで初めて会談したが、今回は同盟強化に向け、外交・経済の基本方針で合意したい考えだ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00050004-yom-pol

日米同盟の重要性は理解するけど、日米同盟だけに頼っていてはいけない。

独立国として、自分の国は自分で守る覚悟が必要だ。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字