脱原発提案全て否決=電力9社が株主総会ブログ名変更のお知らせ

2018年07月26日

LGBTについて

稲田元防衛相、自民・杉田議員のLGBTめぐる寄稿に異論
>  自民党の杉田水脈議員が、月刊誌への寄稿でLGBT=性的少数者に対する行政支援に疑問を呈したことについて、稲田元防衛大臣が「寛容な社会を作ることが保守の役割だ」などと異論を唱えました。
>   自民党の杉田議員は、レズビアンやゲイなどの性的少数者=LGBTについて、「彼ら彼女らは子どもを作らないつまり『生産性』がないのです」などと月刊誌に寄稿。LGBTに対して行政支援を行うことに疑問を呈しました。
>   これについて、稲田元防衛大臣はツイッターで、「私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」と異論を唱えました。稲田氏はおととし、自民党内にLGBTへの差別解消策を検討する特命委員会を設置していて、投稿で「委員会ではLGBTの理解促進のための議員立法を作業中だ」と強調しました。
>   杉田議員の寄稿をめぐっては、LGBTの支援団体から強く反発しているほか、政府内からも批判の声が挙がっています。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180725-00000107-jnn-pol

杉田水脈の発言は多様性、人権と言うものを軽視している。

私は稲田朋美の発言通り、性的少数者への多様性と言うものを認めたい。

でも、LGBTと言う名称は、大きく同性愛者に偏っていて、性同一性障害の人間を差別している様な気がする。

shinoshi2013 at 07:54│Comments(0)自民党etc | 内政・経済etc

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
脱原発提案全て否決=電力9社が株主総会ブログ名変更のお知らせ