自民党etc

2019年06月21日

「懲戒権」と「嫡出推定」見直し

ついにやってきました、嫡出推定見直し。

民法の「懲戒権」と「嫡出推定」見直しを法制審に諮問(毎日新聞)
>  山下貴司法相は20日、親権者が子を戒めることを認める民法の「懲戒権」と、無戸籍者問題の一因とされる「嫡出推定」の見直しを、法制審議会(法相の諮問機関)に諮問した。ともに民法の親子関連規定であるため、法制審は民法(親子法制)部会を設置し、まとめて審議する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190620-00000093-mai-soci

懲戒権改正については、行き過ぎた体罰の否定には良いと思う。

嫡出推定改正については、無国籍者を減らす効果がある。親子関係自体は、DNA鑑定で分かるはず。これまでも2007年に提案されたことがあったが、慎重な意見もあり持ち越された。

shinoshi2013 at 07:49|PermalinkComments(0)

2019年04月26日

ポスト安倍、菅義偉を応援しよう。

アンケートでも「他に適切な人がいない」が多かったですが。

“令和おじさん”菅官房長官が異例の訪米でポスト安倍に浮上?(デイリー新潮)

>  ついにこの人の名前まで囁かれ始めて、混迷を極めるのはポスト安倍を巡る駆け引きである。
>   今月5日、菅義偉官房長官の訪米が報じられ、永田町が色めきたったのだ。
>  政治部記者によれば、
>  「危機管理を担う官房長官が外国を訪問するというのは異例中の異例。拉致問題担当相として、事態の解決のため日米の政策をすり合わせると説明していますが、実際はポスト安倍として売り込みに行くのではないかと見られているのです」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190426-00560230-shincho-pol

官房長官が海外を訪問するのは異例のこと。何はともあれ、ポスト安倍に繋がる人ができたのは喜ばしいこと。

今後、首相に向かって坂を上り続けてほしい。

shinoshi2013 at 07:17|PermalinkComments(0)

2019年03月19日

子供のしつけと虐待について

親によるしつけは大事だが、子供を虐待してはいけない。

親の体罰禁止、法制化=虐待防止で法改正案決定(時事通信)
>  児童虐待防止対策の強化に向け、政府は19日の閣議で、児童福祉法や児童虐待防止法などの改正案を決定した。
>  「しつけ」と称した悲惨な虐待事件が相次ぐ中、親による子どもへの体罰禁止を明記。児童相談所(児相)の体制強化策も盛り込んだ。施行は一部を除き2020年4月から。政府・与党は今国会の重要法案と位置付け、早期成立を目指す。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190319-00000030-jij-pol

ふーん。児童福祉法や児童虐待防止法を改正するのか。

いい流れだ。今後も虐待防止に取り組んでほしい。

shinoshi2013 at 13:49|PermalinkComments(0)

2018年12月25日

与野党とも、相手の意見も聞こう。

最近の与野党を見ていると、相手の意見を全く聞かない様子が目立つ。

これでは、何も改革できませんし、改革できたとしても良くない改革になる可能性が高い。連立与党の公明党はそれを危惧している。

公明党・高木陽介国対委員長 憲法改正は与野党合意で(産経新聞)
>  民主主義の原則は、違いを認めることです。その上で、合意できるところは合意する。ところが、最近は与野党ともに、「相手はそもそも違うのだから相手の意見は聞かなくてもいい」という風潮を感じます。これでは民主主義が形骸化してしまいます。民主主義はプロセスが大切ですから。違いを認識した上で、近付いていく努力が互いに求められる。これは(多数を持つ)与党側の方がより求められている。それが国会対策なんじゃないかな。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181222-00000514-san-pol

憲法改正とか言ったものは、与野党の合意の下でなければしこりが残る。

真の民主主義とは、与党側は野党側の意見も聞くようにし、野党側も与党側の意見も聞かなければならない。

shinoshi2013 at 07:56|PermalinkComments(0)

2018年11月18日

未婚の一人親に寡婦控除適用へ

未婚の一人親に寡婦控除適用へ=子どもの貧困対策で―政府・与党(時事通信)
>  政府・与党は16日、2019年度税制改正で、法律婚の配偶者と離婚や死別した一人親の所得税と住民税を減税する「寡婦(夫)控除」について、未婚の一人親にも適用する方向で調整に入った。
>   未婚の一人親は所得が低い場合も少なくないため、子どもの貧困対策として控除対象に加え、子育てを支援する考え。21日から本格的に始まる与党の税制調査会の議論を踏まえ、詳細を詰める。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-00000015-jij-pol

最近の政府・与党は変わったと思う。今まではこの様な提案が出なかったのに、出る様になったのは良い。

未婚の一人親は所得が少ない場合が多いため、寡婦控除が適用になる方が良いと思う。

shinoshi2013 at 08:52|PermalinkComments(0)

2018年10月31日

これって、移民政策ではないでしょうか。

<自民党総務会>入管法改正など全会一致で了承(毎日新聞)
>  自民党総務会は30日、外国人労働者の受け入れ拡大を図る入管法改正案と、法務省入国管理局を出入国在留管理庁に格上げする法務省設置法改正案を全会一致で了承した。「技能実習生をどう継続的に管理するのか」などの懸念を踏まえ、入管法改正案に「法施行後3年」を軸に見直し規定を盛り込むことを確認した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000071-mai-pol

これって、移民政策ではないでしょうか。

民主党2005マニフェストの「日本をあきらめない」と変わらない。

日本人労働者の職を奪ってしまわないか、大変心配だ。

shinoshi2013 at 08:22|PermalinkComments(0)

2018年09月24日

今後の閣僚人事について

石破氏を閣僚起用しない方針…首相と「隔たり」(読売新聞)
>  安倍首相は10月に予定する内閣改造・自民党役員人事で、石破茂・元幹事長を閣僚に起用しない方針を固めた。総裁選で憲法改正や経済政策を巡る隔たりが浮きぼりになり、「閣内不一致」と指摘される事態を避ける狙いがある。
>
>   石破氏は総裁選で党員票の45%を得るなど健闘し、処遇が注目されていた。首相は石破氏の閣僚起用を見送る一方、石破氏を支持した議員の処遇については慎重に検討を進めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00050004-yom-pol

石破茂自体の入閣なしは問題ないが、それを支持した議員まで入閣なしにするのは問題ある。

安倍晋三の今度の動向に注目される。

shinoshi2013 at 07:07|PermalinkComments(0)

2018年08月08日

サマータイム反対

サマータイムより重要なのは個人の時間の自由度だ
> 2020年の東京五輪に合わせて、日本でもサマータイム導入の議論が起きている。2012年から米国に滞在している筆者は制度化については反対。そしてそもそも問題なのは、時間についての個人の裁量があまりないことだとする。
>   日本では、2020年の東京五輪に向けて、酷暑に対する対策を求める声が上がり始めました。そうした中で、諸外国が導入している「サマータイム」「デイライトセービングタイム」を日本にも導入しようという議論が出てきました。
>   具体的には、議員立法で2019年、2020年の2年間に対して導入しようというアイディアが報道されていますが、安倍内閣の菅官房長官は否定的なコメント。政治的な駆け引きが行われている様相です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180808-00000003-ascii-sci

私はサマータイムには反対します。

理由は、小中学校の下校時刻が熱中時に繰り下がり熱中症を引き起こしやすくなったり、日の入りが遅くなり部活動等の終了時間が遅くなることで学業に支障が現れるからです。

今までは平沼赳夫預かりであったため心配はありませんが、今はそうではないため、大変心配します。

首相もサマータイムに本心反対する様、強く呼びかけます。



shinoshi2013 at 16:42|PermalinkComments(0)

2018年07月26日

LGBTについて

稲田元防衛相、自民・杉田議員のLGBTめぐる寄稿に異論
>  自民党の杉田水脈議員が、月刊誌への寄稿でLGBT=性的少数者に対する行政支援に疑問を呈したことについて、稲田元防衛大臣が「寛容な社会を作ることが保守の役割だ」などと異論を唱えました。
>   自民党の杉田議員は、レズビアンやゲイなどの性的少数者=LGBTについて、「彼ら彼女らは子どもを作らないつまり『生産性』がないのです」などと月刊誌に寄稿。LGBTに対して行政支援を行うことに疑問を呈しました。
>   これについて、稲田元防衛大臣はツイッターで、「私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる」と異論を唱えました。稲田氏はおととし、自民党内にLGBTへの差別解消策を検討する特命委員会を設置していて、投稿で「委員会ではLGBTの理解促進のための議員立法を作業中だ」と強調しました。
>   杉田議員の寄稿をめぐっては、LGBTの支援団体から強く反発しているほか、政府内からも批判の声が挙がっています。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180725-00000107-jnn-pol

杉田水脈の発言は多様性、人権と言うものを軽視している。

私は稲田朋美の発言通り、性的少数者への多様性と言うものを認めたい。

でも、LGBTと言う名称は、大きく同性愛者に偏っていて、性同一性障害の人間を差別している様な気がする。

shinoshi2013 at 07:54|PermalinkComments(0)

2018年05月31日

拘束名簿に関して

「拘束名簿」改正案を今国会提出へ 参院自民(産経新聞)
>  自民党は30日、参院議員総会を開き、憲法改正による来年の参院選の「合区」解消を断念し、比例代表の定数を増やした上で拘束名簿式を一部導入する公職選挙法改正案を今国会に提出する方針を確認した。会期中の成立を目指す。6月1日に開催する参院改革協議会で他党に改正案を示し、理解を得たい考えだ。
>   自民党の改正案は、来年と平成34年の参院選で改選定数を3ずつ増やし、このうち比例代表は2ずつ増やす。各党が付けた順位に従って当選者を決める拘束名簿式も2人まで導入する。合区された「鳥取・島根」「徳島・高知」の両選挙区で公認を逃した候補者それぞれ1人に適用し、優先的に当選させる仕組みとする。
>   岡田直樹参院幹事長代行は総会後、記者団に「来年の参院選がもう1年後に迫っている。今国会に提出したい」と述べた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000068-san-pol

拘束名簿は政党側が当選者を予め決められるため、民主主義の原則としては良くないが、この様に2名ぐらいなら容認する。理由は、合区の候補者への配慮である。

shinoshi2013 at 09:00|PermalinkComments(0)