希望の党etc

2017年11月23日

希望の党 小池百合子前代表を特別顧問に

希望の党 小池百合子前代表を特別顧問に(産経新聞)
>  希望の党は20日の役員会で、14日に代表を辞任した小池百合子東京都知事の特別顧問就任を決めた。党規約には、最高顧問や顧問に関する規定はあるが、特別顧問の記載はない。このため今後、規約を改正する。小池氏は、党運営や政策に関する助言を行うという。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00000552-san-pol

これでこそ希望の党だ。小池百合子なくして希望の党なし。

特別顧問と言う重い役職に就いて、是非とも安倍晋三と対立姿勢を明確に打ち出してほしい。

shinoshi2013 at 08:30|PermalinkComments(0)

2017年11月16日

小池百合子、希望の党の代表辞任。

突然の退場、なぜいま? 小池氏辞任、党内の亀裂広がる(朝日新聞)
>  衆院選の直前に希望の党を結党し、野党再編の引き金を引いた小池百合子・東京都知事が突然、党代表を辞任した。自身の「排除」発言が原因で衆院選で大敗し、国政を国会議員に丸投げした末の辞任劇。後を継いだ玉木雄一郎新代表は、憲法改正や安全保障政策で、「創業者」小池氏の路線継承を強く打ち出し、党内の亀裂はさらに広がった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00000015-asahi-pol

私は小池百合子にはもう少し頑張って欲しかったので、今回の辞任は正直言って残念だなと思う。

後任の玉木雄一郎は小池百合子の路線に近いので、政策・政局面で頑張って欲しい。

shinoshi2013 at 08:26|PermalinkComments(0)

2017年10月28日

今回の総選挙の総括

今回の総選挙、与党で2/3以上、かつ、野党第一党を立憲民主党に奪われた、全体としては最悪の結果に終わった。

しかし、最悪の結果の中にも希望はある。与党ではあべ俊子が当選してくれたし、野党では山尾しおりが当選してくれた。

これからは、ここを拠点として政策・政局面で力を伸ばしてゆきたい。


shinoshi2013 at 09:50|PermalinkComments(0)

2017年10月19日

今回の総選挙について

今回の総選挙では希望の党を支持する。

理由は、安倍政権の暴走を止めてほしい点と、立憲民主党では左に寄りすぎだから。

shinoshi2013 at 09:00|PermalinkComments(0)

2017年09月04日

<民進党>枝野氏と大島氏を代表代行に 党内融和にも配慮

◇山尾志桜里氏を幹事長に抜てき、党のイメージ刷新へ(毎日新聞)
> 民進党の前原誠司代表は3日、新執行部の人事案を固めた。衆院当選2回と若手の女性論客、山尾志桜里(しおり)元政調会長(43)を幹事長に抜てきし、低迷する党のイメージ刷新を図る。さらに代表選を戦った枝野幸男元幹事長(53)については、前原陣営で選対本部長を務めた大島敦元副総務相(60)とともに代表代行に起用。代表代行を両陣営から置くことで党内の融和にも配慮する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170903-00000070-mai-pol

民進党の人事は、私からしても理想的だ。

枝野幸男を代表代行に置き、攻める姿勢を打ち出している。また、山尾志桜里を幹事長に置き、集票力アップを目指している等、今回の人事は評価が大きい。


shinoshi2013 at 08:45|PermalinkComments(0)

2017年08月28日

民進党代表選

民進党代表選が4日後に迫っている。


前原誠司と枝野幸男の一騎打ちになる様だ。


個人的には前原誠司を応援するが、枝野幸男でも良いでしょう。


肝心なのは、自民党を油断させない人物を選ぶことだ。

shinoshi2013 at 18:03|PermalinkComments(0)

2017年06月24日

<野党4党>安倍首相、面会断る「都議選の最中」

<野党4党>安倍首相、面会断る「都議選の最中」(毎日新聞)
> 民進党の山井和則国対委員長は23日、野党4党が求めていた安倍晋三首相との面会を断られたことを明らかにした。菅義偉官房長官から「東京都議選の最中だ」と説明されたという。
>  野党4党は22日、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設計画を巡る問題の真相解明に向け、臨時国会の召集を求める要求書を衆参両院に提出。民進党の野田佳彦幹事長は来週にも首相に直接要求する意向を示していた。
>   一方、自民党の竹下亘国対委員長は、予算委員会などの閉会中審査をするかどうかについて都議選後に判断する考えを山井氏に伝えた。【樋口淳也】

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170623-00000096-mai-pol

安倍晋三は面会に応じた方が良い。でないと、森友、加計等の問題を隠している様に見える。


shinoshi2013 at 08:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年08月31日

政権奪還へ選択肢、改憲は慎重=民進・前原氏が出馬会見

政権奪還へ選択肢、改憲は慎重=民進・前原氏が出馬会見(時事通信)
>  前原氏は「国家観をしっかりまとめ、国民に大きな選択肢を示したい」と述べ、政権奪還へ向け、安倍政権に対抗する旗を掲げる意向を表明。憲法改正については、「最優先課題とは思っていない」と述べ、現段階では慎重な立場を示した。
>  代表選には蓮舫代表代行(48)も立候補を表明している。ほかに出馬を目指す動きもあるが、事実上、両氏の一騎打ちとなる見込みだ。
>  前原氏は会見で、代表選の争点となる見通しの次期衆院選での野党共闘に関し「考え方の違うところと組むのは野合だ。われわれがしっかり旗を立て、ほかの政党がどう判断するかだ」と述べ、民進党が掲げる基本政策への賛同が条件になるとの考えを示した。
>  憲法改正については「(賛成の)考えは変わらない。しかし優先順位は上ではない。社会の不安や閉塞(へいそく)感をどう取り除いていくかが最大の政治的使命だ」と述べ、国民生活の向上などを優先する考えを強調。昨年成立した安全保障関連法に関しては、廃止を目指す従来の党方針を基本的に踏襲しつつ、「米国と議論する中で現実的対応をしていくことも選択肢に入れなくてはならない」と語った


与党が強力である今、野党第一党には現実的な対応をして頂きたいと願います。それには、ある程度与党と協力できる人間、具体的には前原誠司や蓮舫が相応しいと思います。

shinoshi2013 at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年07月31日

民進党代表選

後継は蓮舫・前原氏ら軸=岡田氏、交代圧力かわせず―民進代表選(時事通信)
>9月の民進党代表選で再選を目指すとの観測が強かった岡田克也代表が不出馬を決めた。
>参院選で共産党などとの共闘路線にかじを切り、一定の実績は残したものの、全体としては議席後退を防げなかった岡田氏。党の顔「一新」を求める圧力が強まる中、党再建を後継者に託す。次期代表をめぐっては、知名度の高い蓮舫代表代行(48)を推す声が拡大。保守系の前原誠司元外相(54)らも出馬に意欲を見せている。


前原氏にはもう1回党代表をして頂きたいですね。前回は偽メールの件で早期退陣しましたが、今回は慣れてきたので大丈夫と思います。また、自民党・公明党とも協力できる所は協力していきましょうね。


shinoshi2013 at 08:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月31日

山尾しおり

山尾しおりが民進党の政調会長に決定。

山尾氏には是非頑張って貰いたい。




shinoshi2013 at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)